GPX750R 

TOPPAGEへ

オルタネータベルト交換
ベルト交換までの道のりは
遠かった。


キャブとエアクリーナーボックスを外したので、ちょうど良い機会と、オルタネータのベルトを交換することにしました。
基本的な交換方法はサービスマニュアルに書いてありますのでそちらを参照してください。
ベルトのテンションのみだとここにゲージがついていて、張りぐあいを確認できるようになっていて、テンション調節をする前とした後でちゃんと張れているかどうかを見ます。
ベルトカバー上を取ったところ。
実際キャブが上からかぶっていると、このねじを外すのは非常に難しいと思われます。
オルタネーターをいじるには左側の超ロング6角レンチ対角8と右側のオルタネーターを持ち上げるテンション調整工具が必要です。
オルタネーターを外すとプーリーカバーが出てきて
それを外すとやっとベルトの交換に入れます。
ベルトはバンドー製。車と同じような多段Vベルトです。
ベルトのプーリー接触面はひびがいっぱい入っています。高温と、オイルで徐々にいってしまったのでしょう。
プーリーはワイヤーブラシで表面を磨いておいて、その回りはパーツクリーナをかけながらナイロンブラシで油分とほこりの蓄積を流し落としました。
テンション調整のためにはエンジン懸架用ボルトを1本抜き取ってそこに調整用工具を入れて、1.3kg-mのトルクで持ち上げるようマニュアルに書いてあります。この懸架用ボルトはエンジン上側からボルトを打って(ちょうどフォークを止めるように)います。ですので、ボルトを抜くときに力で抜こうとしてもうまくいきません。上から止めているねじを緩めてあげなければ大変でした。気づいたのは半分抜いてからでしたけど。エアクリーナーボックス下なのでもしボックスがあったら大変だったかもしれません。あと反対側のエンジン懸架ブラケットをフレームに止めているボルトも緩めておいたほうがいいでしょう。
調整用工具を入れようとしたらハーネス固定用の板金に樹脂がコーティングしているのが前をふさいでいたりマニュアルにない作業が案外出てきました。
張り終わったところ。線が上から6本目でした。
取り付け終って上からベルトを見ています。
おまけ。
オルタネーターを外したのでブローバイガスボックスをのぞいてみました。
真ん中に斜めに立っている板金の裏側にブローバイガス出口の穴があいていて、クランクケースにつながっています。
2重のパンチングメタルでオイル分を止めてガス分のみ上室へ入ります。
新品オルタネーターベルト。



TOPPAGEへ